願わくは花のもとにて

謎の病と難病による入院生活の振り返りとその後の生活

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』症状の進んだ第3話あらすじと感想

f:id:usagi-on-the-moon:20181027104454j:image

 

わかっていても止めることの出来ない病気の進行。

わかっていても直面する残酷な現実。

 

生きることは、いつも楽しい時間ばかりじゃない。

少しずつ、少しずつこぼれ落ちていく大切な思い出

 

温かくも悲しい、それぞれの想いに胸が苦しくなった第3話。

 

(前回のあらすじはこちら)

 

www.kisaragi10.xyz

『大恋愛〜僕を忘れる君と〜』第3話あらすじ

自分が若年性アルツハイマー病の前段階だと言うことを真司に告げた尚。

その夜、眠っている尚の顔を見ながら今後のことを思う真司。

翌朝真司が目を覚ますと、尚がキッチンで何かを探している。

鍋やフライパン、何もない真司の部屋から引っ越そうと提案する尚。

 

お金のない真司に対し、自分の貯金を使ってもいいから引っ越しをしたいという尚。

「貯金も5000万くらいあるし」

という尚に、自分のお金はこれからの治療のために使って欲しいと告げる真司。

 

二人で尚の母親の住む家へ挨拶に向かうと、その立派な家に驚く真司。

手切れ金を渡してまで尚との付き合いに反対していた母親も、

尚の病気のことを全て受け入れて一緒にいたいという二人のことを認め

「二人でここに引っ越してくればいい」

と提案する。尚の希望もあり、一緒の家ではないものの、実家の近くのマンションがいいと話す尚と母。

その話の中で、尚の元婚約者が尚の主治医だと知り複雑な表情をする真司。

別の日、真司は一人、尚の元婚約者であり現主治医である侑市の病院を訪ねていた。

 

真司の仕事先。

引っ越し業者では今まで以上にシフトを増やすことを決める。

 

一方で、母が持たせてくれたという特上のお寿司を3人前持って真司の家へ帰ってきた尚。

ウニを初めて食べると言う真司。

尚「これからは美味しい物いっぱい食べようね」

真司「お金のかからない美味しい物ね」

食事をしながら、引っ越し先のマンションをスマホで見せる尚。

家賃20万円に驚く真司。

二人の育った環境、金銭感覚の違いに少し戸惑った様子

 

その頃、侑市の家では侑市の母親が新しいお嫁さん候補だと3人のお見合い写真を侑市に勧めていた。

 

再び真司の家。

夜、ベッドの中で

「私の記憶がちゃんとしているかどうか知りたい」

と、真司に何か質問して欲しいと頼む尚。

  • 好きな小説
  • 母親の旧姓
  • 真司が子どもの頃捨てられていた神社の名前

この3つが言えなくなったら別れようと言う尚に、どうなっても別れないと言う真司。

 

ある日、尚の勤めるクリニック

たった今診察が終わったばかりの患者さんのことを忘れてしまう尚。

尚は、クリニックの受付をしている友人に自分の症状を伝える。

驚きつつも、尚のために協力するという友人は

侑市のことも気にかけ、人の気持ちはそんなに簡単には割り切れないと告げる。

 

仕事が終わったら、新しいマンションの内覧へ行く約束をしていた尚と真司

真司はマンションで待っているが尚が来ない。

尚に電話をかけると、スーパーにいると言う。

尚は自分のスマホの予定表を見て、約束を忘れていたことに気がつく。

真司が部屋に帰ると、部屋のドアには鍵がささったまま。

尚の症状が少しずつ進行していることを感じる二人。

 

そして、真司は再び侑市の病院を訪ね尚の病気について教えてほしいと侑市に頼むが

「家族でなければお話することはできません」

と冷たく断られてしまう。

 

その侑市は母親の勧める3人のお見合い相手とのデートをするが

思い出すのは尚とのデートの楽しかった思い出

 

f:id:usagi-on-the-moon:20181028175227j:image

尚が診察のために侑市の病院へ行くと、目の前で転んだおばあさんがいた。

心配して近寄ってくる家族を見て

「私、あの人たちに追われているんです」

というお婆さんを見て、いつか自分もそうなってしまうと不安がる尚。

「もう生きてるのが嫌だって思ったら先生殺してくれますか」

「あなたも医師でしょう。そういうこと言うもんじゃありません」

「先生にはわかりません。これまで生きてきたこと、学んできたことがどんどんこぼれ落ちていく感じ」

「ほかの人よりはわかると思います。僕も長年この病気と向かいあっていますから」

侑市は、尚の気持ちを穏やかに聞きながら新しい治療薬の話をし

「希望を捨てたら病気に負けてしまいますよ」

「もし不安なことがあったらいつでも携帯鳴らしてください」

と伝えるのだった。

 

シフトを増やしてオーバーワーク気味だった真司

ある日の仕事中、激しい腹痛を起こし救急病院で診察を受けると

“尿管結石”

一晩入院することになってしまい、同僚から連絡を受けた尚が病院へ駆けつけると

「いつもの3倍シフトを入れて頑張っていましたよ」

と知らされる。

朝早いのも、夜遅く帰宅するのも外で小説を書いているからだと思っていた尚は

真司がこっそり侑市に会いに行ったことを聞き、自分が真司の気持ちに気がつかずひどいことをしていたと反省。

それでも尚が好きだと話す真司に抱きつく

 

「好き。侑市さん

 

と口にする尚に、衝撃を受ける真司の顔

 

第3話はここで終了です

 

第3話の感想

f:id:usagi-on-the-moon:20181028175351j:image

いたるところで、尚の症状が少しずつ進行していることが伝わってきた第3話。

不安になる尚の気持ちも、それを支える周りの人達の切ない気持ちも

痛いほど感じられました。

 

アルツハイマー病は、直近の記憶から失くなるそうで

今の恋人の名前を忘れて昔の恋人の名前を呼んでしまうことも実際あるんですよね。

病気のせい、とわかっていてもやっぱり苦しい。

やるせない気持ちは、どうしたらいいんだろうなあ。と考えてしまう今回のお話でした。

 

それでも

「希望を捨てたら病気に負けてしまう」という侑市の言葉に

私自身も

どんな病気でも希望を持っていよう

病気に負けないでいよう

と改めて思いました。

 

真司が病院に運ばれた時は、

支える人が必ずしも自分より健康でいられるわけじゃない

ということも気づき、改めていろんなことを考えてしまった第3話でした。