願わくは花のもとにて

謎の病と難病による入院生活の振り返りとその後の生活

【闘病生活】乗り越えられない壁と非凡な生き方

f:id:usagi-on-the-moon:20190305034041j:image

 

神様は乗り越えられる人にしか壁を与えない

 

ついこの間、水泳の池江璃花子ちゃんが白血病を公表した時に

ご本人がそう言って、闘病する決意を語ってましたよね。

 

私も、大病を患った時

本当にたくさんの方から、その言葉をもらいました。

 

『だからきっと乗り越えられるよ』

 

って。

 

実際、大きな壁を乗り越えた有名人、著名人たちを見ていると

確かにそうなんだろうなぁ

と思うことはよくあります。

 

だけど今の私は、

越えても越えても新たに現れる壁に

心折れそうになってる。

 

壁なんて一枚で十分なのに。

 

乗り越えられるから与えられると言うけれど

与えられてしまったから

嫌でも仕方なく乗り越えるしかなかったんだよ。

 

『乗り越えよう』

なんて、強い気持ちがあったわけでもなく

他に道がなかったから。

 

その壁を崩すための方法が他になかったのか

壁にぶつからずに進む方法はなかったのか

今でも時々そんなことを思うんです。

 

それでも

気がつけば、目の前にあった高い高い壁は低くなって

いつのまにか乗り越えていたのかも知れない。

 

平凡な人と非凡な人

f:id:usagi-on-the-moon:20190305104655j:image

学生の頃、恩師がよく話していたこと。

 

非凡を求める人は平凡な人

非凡な人は、平凡を求めているものだ

 

日常を『つまらない』と嘆き、非凡を求めるのは凡人で

『平凡に生きたい』と願う人は、その時点でもう非凡な人なのだと。

 

私は、大病を患う前から

平凡な人生でいい

と思っていた気がする。

 

特別お金持ちになりたいわけでもなかったし

バリバリのキャリアウーマンを目指す気もなくて

普通に仕事して、それなりのお給料をもらって

時々、友人と美味しいものを食べて…

そんな

普通の生き方でいいと思っていたし、そういう日々を送っていたはずだった。

 

それが

ある日突然、聞いたこともないような病気になって

大きな大きな壁に道を塞がれてしまった。

 

一つ乗り越えたら、また新しい壁が現れて

今はなんだか

たくさんの壁に囲まれている気がする。

 

乗り越えるために、なにかを犠牲にして

何かを手放し失って

 

乗り越えた先に、残っているものは何だろう?

 

希望

f:id:usagi-on-the-moon:20190305104633j:image

いつか

この人生が素晴らしいものだったと思える日はくるのか

今はまだわからない。

 

でも

希望だけは捨てない

 

せっかくだから

とことん非凡を生き抜いてみる。

 

これからの自分を作るのは、私自身!!

何度でも

何度でも

  • DREAMS COME TRUE
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

何度でもその壁を乗り越えて行けますように